検査項目

カビ毒検査

カビ毒とは

カビがつくり出す代謝産物のうちで、人や動物に対して有害な作用を示す物質のことを総称して「カビ毒」と呼び、現在報告されているものだけでも300種類以上あると言われています。
発がん性のあるカビ毒として知られるアフラトキシンについては、2011年10月に規制が強化され、規制対象がアフラトキシンB1から総アフラトキシン(B1、B2、G1及びG2の総和)へ変更にとなったことに伴い、違反事例は増加(下図参照)しています。

食品中(特に農作物)のカビ毒については、生産段階や貯蔵段階において対策を行うことが最も有効であるとされることから、各段階においての自主的な検査が大切になります。

食品衛生法で基準値が設定されているカビ毒

カビ毒 対象商品 基準値
総アフラトキシン 食品全般 10µg/kg
デオキシニバレノール 小麦 1.1ppm(暫定)
パツリン りんごジュース及び原料用りんご果汁 0.050ppm

検査項目及び料金表

商品名 価格(税別)
総アフラトキシン
(B1、B2、G1及びG2の総和)
¥19,000 当社「農薬・動物用医薬品等一斉分析パッケージ」と同時注文で10%割引に!
オクラトキシン(A、B) ¥25,000  
デオキシニバレノール ¥13,000  
ゼアラレノン ¥13,000  
パツリン ¥22,000  

※上記以外にも、沢山の商品を取り揃えております。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

カビ毒検査(検査項目)。残留農薬を中心とした食品分析・食品検査のキューサイ分析研究所。