検査項目

食品添加物検査

食品衛生法では、「添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するもの」と定義されています。

食品添加物の主な用途

  • 食品の製造や加工のため(製造用剤)
  • 食品の風味や外観、色合いを良くするため(甘味料、着色料、香料など)
  • 食品の保存性を良くするため(保存料、酸化防止剤など)
  • 食品の栄養成分を強化するため(栄養強化剤)

食品添加物は、使用基準、製造基準、保存基準および成分規格が食品衛生法により制定されており、基準に反した使い方や、規格に合わない添加物の販売などが禁止されています。
また、容器・包装された商品については、使用した全ての添加物についての表示が義務付けられているため、使用基準に適合しているかの検査を行うことが大切です。

検査項目及び料金表

商品名 価格(税別)
ソルビン酸 ¥6,000
安息香酸 ¥6,000
食添許可(内外)合成タール系色素(定性) ¥12,000
二酸化硫黄 ¥7,000

※上記以外にも、沢山のパッケージを取り揃えております。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

食品添加物検査(検査項目)。残留農薬を中心とした食品分析・食品検査のキューサイ分析研究所。