ニュース

新着情報

ジカンバ耐性ダイズGMO検査開始のお知らせ

2021.12.07

お取引先各位

 

いつも大変お世話になっております。

キューサイ分析研究所でございます。

今回は「遺伝子組換え検査」

除草剤ジカンバ耐性大豆の検査開始

についてお知らせいたします。

 

2023年4月より、遺伝子組換え食品(GMO)の表示制度が厳格化されます!

「遺伝子組換えでない」の食品表示には、

PCR検査でGMO不検出であることが求められるようになります。

ジカンバ耐性品種の混入検査も可能となりました!

日本で承認されている遺伝子組換え大豆は18品種あり、

その一つに除草剤ジカンバ耐性ダイズMON87708系統(Roundup Ready 2 Xtend)があります。

アメリカでは除草剤グリホサート耐性ダイズの栽培が一般的ですが、

近年グリホサート耐性をもつ雑草が確認されるようになり、

グリホサートによる除草効果が低下していると言われております。

 

そのため、除草剤ジカンバ耐性ダイズの栽培が行われ始めており、

流通量の増加とともに、非遺伝子組換え大豆への混入が懸念されます。

 

※日本では今現在上記GMO品種の公定法が定められていないため、

EUの公定法を用いた検査となります。

 

【キューサイ分析研究所のポイント】

1.大豆の遺伝子組換え検査…大豆の遺伝子組換え検査を行っております。

2.大豆加工食品にも対応…一般的に検査が難しいとされている加工品もご相談ください。

※加工度合いが高く、遺伝子の抽出ができない場合は、検査不能となります。

3.ジカンバ耐性大豆にも対応…その他の品種についても検査拡大予定です。

 

自社調査の結果、市販品での検出事例が複数ございます。

まずは、現状把握のための検査をご検討ください。

https://www.nouyaku-bunseki.net/inspection/gmo.html

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

一覧に戻る

新着情報。残留農薬を中心とした食品分析・食品検査のキューサイ分析研究所。