会社情報

沿革

キューサイ分析研究所は、キューサイ株式会社の主力商品『青汁』の原料ケールの農薬不使用を証明する部門(中央研究所)として出発いたしました。

キューサイグループには、
深く穴を掘れ 穴の直径は自然に大きくなる
という社是があります。

この社是のとおり、農薬不使用を証明するための残留農薬分析という技術について、社員全員が深く穴を掘っていった結果、残留農薬の一斉分析という技術を世の中で先駆けて開発することに成功しました。

これからは、農薬分析の枠に留まらず、食の安全・安心に関わる多くの分析に対し、深く穴を掘っていくことで、お客さまのお役に立ち、喜ばれる商品の開発に努めてまいります。

2003年1月
設立
2004年12月
厚生労働省の登録検査機関(※)となる。(理化学部門での登録)
※食品会社出資の民間企業としては初の登録
2006年6月
登録検査機関として細菌学部門を追加登録
2007年11月
ISO/IEC 17025 試験所認定を取得(残留農薬検査)
2009年3月
東京営業所(銀座)を開設
2011年2月
東京営業所を港区芝に移転
2011年11月
ISO/IEC 17025試験所認定を取得(放射性物質測定)
2014年11月
大阪営業所(北区茶屋町)を開設

沿革(会社情報)。残留農薬を中心とした食品分析・食品検査のキューサイ分析研究所。